ニューストピックス

NWA奪取!!

まずは特別立会人として、かつて “ミスターNWA”と呼ばれた伝説のNWA世界ヘビー級王者、ハーリー・レイスがリングイン。そして、小島がセコンドの天山とともに入場。続いてNWAの ブルース・サープ社長がリングに上がり、マイクを握ると「コンニチハ、ニホンジン! ワタシハシャチョー、ワカリマスカ?」と、場内のファンを挑発するよ うにアピール。そして、王者コンウェイをリングに呼び込む。ゴング前、サ―プ社長がレイスを挑発すると、ミスターNWAはパンチをお見舞いする。
 
試合開始、コンウェイは筋肉ポーズで小島を挑発。ロックアップで組み合う両者、ロープに飛んだ小島に対してコンウェイはエルボー。そしてダウンし た小島にエルボードロップを繰り出すが、小島はこれを交わして立ち上がると、タックルでコンウェイを吹き飛ばし、さらにバックドロップ。続いてラリアット を狙うが、コンウェイはこれを交わして小島を抱え上げると、股間をロープに打ちつける。
 
エプロンサイドでの攻防、小島はDDTを敢行。しかし、コンウェイも小島をロープ際に押し込むと、強烈なエルボー。負けじと小島は体勢を入れ替えるとマシンガン・チョップ。そして串刺しエルボーか ら、いっちゃうぞエルボーを狙うが、これはセコンドのジャックス・ダンが阻止。そのまま場外戦に雪崩れ込み、コンウェイは小島に鉄柵攻撃。そしてリングに 小島を戻すと、裏投げのような構えから前方に落としていく荒技。
 
主導権を握ったコンウェイは、小島の顔面にフロントキック、そしてエルボードロップを落とすが、小島はカウント2でキックアウト。ここでコンウェイは天山を挑発するようにモンゴリアンチョップを連発。そしてロープに走るが、小島は反撃のコジコ ジカッターから垂直落下式ブレーンバスター。そして、エプロンのダンにラリアットを狙うが、これは逆にスリーパーで捕まってしまう。しかし、ここで天山が 加勢。ダンにモンゴリアンチョップ、マウンテンボムを叩きこむ。

リング上、小島は右腕のサポーターを外すとコンウェイにラリアットを狙うが、これはコンウェイがスピアーで迎撃。そしてエゴ・トリップの構えに入るが、小島はうまくエプロンサイドに着地し、コンウェイに延髄ラリアット。最後は正調のラリアットのを叩きこんでカウント3を奪取。NWA世界ヘビー級王座を見事奪取した。

コメント

※天山が小島を祝福。
天山「おめでとう、コジ。一番強いのは、新日本のコジやで。NWAのベルトを取ってくれた。歴史と伝統があるかもしれんけど、NWAのベルト、コジは似合うんちゃうかな。ありがとうな、コジ。明日も(NWA)タッグのベルト、がっちりいこ。おめでとう」
※握手を交わし、天山が引き揚げてから小島への一問一答に。
--改めて、おめでとうございます。今、歴史のあるベルトを目の前にして、率直なお気持ちを聞かせて下さい。
小島「俺はほんとに、本当に幸せなプロレス人生を送ってるなと、今思ってます。スタン・ハンセンさんに必殺技を伝授してもらい、そして今日、ハーリー・レイスさんという、俺がプロレスラーになりたいと志した時からずっと憧れている偉大な先輩の前でベルトを戴冠できたことは、本当にうれしく、幸せ者だと思います」
--セコンドの介入などもある中で、レイスさん、そして天山選手のアシストもありました。
小島「そうですね、昨年の4月7日から今日まで9カ月間、私はこの悔しさを一生忘れたことはないと言いました。そして、それをサポートしてくれたのは、今日いた天山であったり、闘ってきたメンバー。敵だったかもしれないけど、たくさんの経験をさせてもらった。プロレスは1人ではできないから、そうやって俺のたくさんの対戦相手を含めても感謝したいと思います」
--ベルトを取ったことで第3世代健在を大きくアピールしたと思います。
小島「プロレスは歴史を重んじるジャンルだと改めて思ってます。その偉大なる先輩の跡を継いでやっていくためにも、このベルトは絶対必要でした」
--新たにベルトを取ったことで、2014年をどのような年にしたいですか?
小島「このベルトを取ったことで、いろんな可能性が膨らんできたと思います。NWAというこの3文字は、俺が思っている以上に大きいものかもしれない。今、このベルトがどういう位置づけにあるのかわからないけど、ただ、俺はプロレスを志して、プロレスラーになって23年です。この時間、このベルトが存在し続けてきたということっていうのがすべてだと思います」
--明日は天山選手と組んで、NWA世界タッグへの挑戦が控えてます。
小島「これで天山とタッグのベルトを取れたら、こんな、こんなアメリカンドリームはないでしょ? たった2日で、NWAのシングルとタッグの2冠になるなんて。これこそ、まさにアメリカンドリームそのものだと思います」
--NWAのベルトを日本人で巻くのは橋本真也さん以来になります。
小島「ってことは十何年ぶりですか…。私も過去に(NWA世界ヘビー級を)戴冠した人を調べました。小川直也さんがいたり、橋本真也さんがいたり、グレート・ムタがいたり、蝶野正洋さんがいたり、藤波辰爾さんがいる(ほかにジャイアント馬場さん)。今回、その中の1人に入れたことを誇らしく思います」
--(ベルトを手にしての写真撮影後)最後に一言。
小島「取っちゃったぞ、バカヤロー!」
 
ブルース会長「今日は小島一人にやられたわけではない。セコンド、そして日本という土地、こういう状況で負けたということだ。小島よ。これで終わったと思うな。次は俺たちの勝ちだ」
コンウェイ「今日の負けは認めない。NWAのチャンピオンであり、最強のレスラーは俺、コンウェイだ。小島ではない。今日の結果は新日本がNWAのベルトを盗んだ。そういった結果だと思っている。自分の相手は小島だったが、向こうにはセコンドも付いているし、この大観衆も付いているんだ。それを相手に俺は闘って、この結果になった。必ずリマッチをして、次は必ず勝ってやる。そして、小島の名前、これをNWAからすぐに消し去ってやる。それはすなわち俺がチャンピオンになるということだ」
ブルース会長「小島よ、これで終わったわけではない。次は俺たちの勝ちだ!」