ニューストピックス

G1 公式戦結果)^o^(

第三世代対決となった小島と永田のAブロック公式戦。

小島がショルダータックルで先制し、チョップ連射。しかし、永田もエルボー連打で対抗。そして永田はミドルキックを放つが、小島が蹴り脚をキャッチし、膝へエルボースタンプ。さらに、ショルダータックルで永田をなぎ倒し、場外で鉄柵攻撃を見舞う。
だが、リングに戻った永田が巻き返し、足4の字固めで小島を捕獲。これはガッチリ極まっていたが、小島はロープへ手を伸ばす。
永田の攻撃は続き、ミドルキック3連射から串刺しフロントハイキックを狙う。だが、小島が受け止めてポジションを入れ替え、逆水平チョップ連射。さらに、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップ、エルボー連打、ドラゴンスクリュー、DDTに繋ぐ。
次に小島はブレーンバスターを仕掛けるが、永田が脱出し、ショートレンジ低空ドロップキックを膝に浴びせる。そして、エクスプロイダーからナガタロック(I)を極めるも、小島がロープへ逃れる。
続いて永田は延髄斬りを発射するが、小島が両腕でブロックし、ラリアットを繰り出す。これを今度は永田が両腕でブロックするも、小島が間髪入れずに左ラリアットを浴びせる。
ここで小島は右肘のサポーターを投げ捨て、ラリアットを発射。しかし、永田が回避し、大☆中西ジャーマン(第1段階)。そして、バックドロップからフォールするも、小島が跳ね返し、垂直落下式ブレーンバスターで逆襲。
さらに小島は、エルボー連打からローリングエルボー。これに永田がフロントハイキック、浴びせ蹴りで対抗するも、小島が倒れずにエルボーを見舞い、ダブルダウンに持ち込む。
次に小島はラリアットを狙うが、永田が腕にフロントハイキックを浴びせて防御。しかし、直後に小島がカウンターラリアットを叩き込み、接戦を制した。

コメント

小島「今の『G1 CLIMAX』で、誰に勝つのが一番大変なことかわかるか? 永田裕志だ。今の新日本プロレスにおいて、誰に一番勝つのが大変なのかわかるか? 永田裕志だ。今のプロレス界において、誰に一番勝つのが大変なのかわかるか? 永田裕志だ。俺はその相手に勝ったんだ。これは優勝よりも100万倍価値の高い勝利かもしれない。それだけだ。それだけの価値があるんだ。永田に勝つということは大変なことなんだぞ。普通じゃねぇんだ。あの化け物に勝つには普通じゃねぇんだ。これからまだ優勝戦線、このまま絶対に生き残ってやるから。第3世代、いやっ小島聡なめんじゃねぇぞバカヤロー」

永田「出だし悪いな… 出だしが悪いな、チクショウ。 出だし悪いけど…『コジ』と試合できて、よかったかな」