ニューストピックス

G1 公式戦結果)^o^(

1勝2敗の小島と、2勝1敗のファレが激突!!

会場が小島コールに包まれる中、試合が開始。
序盤、ファレがショルダータックルで小島をぶっ飛ばすと、全体重をかけ両足で小島の顔面をふみつける。さらに戦場は場外に移り、ファレが小島を鉄柵、鉄柱へ叩きつけ、痛めつけてリングに戻す。ファレは小島をコーナーに振りランニングボディアタックを狙うが、これは小島がギリギリでかわし、マシンガンチョップ、串刺しジャンピングエルボーを放ち、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップを狙うが、これはファレがさせず。逆に小島をコーナーに振ると、ランニングボディアタック、ダイビングボディプレスを敢行。さらにファレはラリアットを狙って小島をロープへ振る。しかし戻ってきた小島はファレの腕をラリアットで打ち抜く。続けて小島はロープにかけるファレへもう1発ラリアットを放つとファレはそのまま場外へ落下。場外カウントが20に近づく中、小島はファレをリングに戻すと、そのままダイビングエルボードロップを敢行。さらにエルボーの連打からローリングエルボー。続けて小島はブレーンバスターを狙うが、ファレがなんとかボディスラムで切り返す。しかし小島はすぐさま起き上がるとラリアットを狙ってファレへ向かって走る。だがファレはここでカウンターのスピアを見舞う。そしてリングに倒れる小島を抱え上げるとそのままバックフリップ。さらに小島を担ぎバッドラックフォールの体制に入る。しかし小島は体を激しく振りなんとか回避し、DDTでファレの脳天をリングに突き刺す。続けて小島はファレの後頭部へラリアット。さらに正面へのラリアットを狙うが、ファレが小島のノドもとを掴みグラネードの体制に入る。しかし小島は左腕のラリアットを放つ。最後は右腕での剛腕ラリアットでグロッキー状態のファレの顎を打ち抜き、3カウントを奪った。

コメント
小島「『G1 CLIMAX』勝ったぞ。ファレに勝った。ファレに勝ったという事は!どういう事か分かるか!? ファレは現在のインターコンチのチャンピオンだろ?なぁ、そのファレに勝てるという事はどういう事か意味が分かるか? その意味はな、オレもすげぇ強いって言う事だ!それ以外に何がある。 『G1 CLIMAX』他に何やるんだ。オレたちずっと紙一重でやって来たんだ。いいか、ファレなんかで止まってるワケにはいかねぇんだよバカヤロー!!!」
ファレ「今日の試合はクソ食らえだ。小島、次は覚えとけよ…オレこそがリアルだ…」