ニューストピックス

G1 公式戦結果)^o^(

2勝2敗の小島と、1勝2敗のスミスが激突!!

序盤、小島はスミスへ2発ショルダータックルを放つが、スミスは倒れることなく、逆にショルダータックル1発で小島をぶっ飛ばす。さらにスミスはフロントハイキックを打ち込むが、小島はこれを受け止めると、ショルダータックルでスミスをぶっ飛ばす。
戦場は場外に移り、スミスが小島を鉄柵へ打ちつける。しかし小島はリングに戻ろうとエプロンに立つスミスの足へラリアット。さらにエプロンでのDDTを敢行。
戦場がリングに戻るとスミスは小島の顔面をかきむしりサイドバスターで投げ飛ばす。さらに滞空時間の長いブレーンバスターを敢行。続けて小島をコーナーに振り、ジャンピングニーを狙うが、小島がギリギリでかわすとマシンガンチョップ、串刺しジャンピングエルボーを放ち、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップを狙う。しかしそこへTAKAみちのくが邪魔に入るが、小島はTAKAみちのくを蹴散らすと、スミスへダイビングエルボードロップを打ち込む。
中盤、両者エルボーの打ち合いから小島はローリングエルボーを狙うが、スミスはカウンターのストンピング反撃。さらに小島をダブルアームスープレックスで投げ飛ばす。それでも小島は2発連続のローリングエルボーで反撃に出るが、スミスはバックドロップを放ち、小島にペースを握らせない。続けてスミスはシャープシューターを極め、小島の足を締め上げる。
反撃に出たい小島はラリアットを狙ってきたスミスの腕を逆にラリアットで打ち抜くと、ロープにもたれるスミスの顎を打ち込み、スミスはそのまま場外へ落下。さらに小島はすぐさまスミスをリングに戻すと小島カッターを敢行。続けて右腕のラリアットを狙うが、これをスミスが腕を立て防御。しかし小島は左ラリアットを決める。さらにはDDTでスミスの脳天をリングに突き刺す。再度ラリアットを狙ってロープに走るがTAKAが介入。その隙にスミスは小島のバックをとると、タイガースープレックスホールドで投げ飛ばす。しかし小島は走ってくるスミスへカウンターのラリアット。もう1発ラリアットを狙って走るが、スミスがパワースラム放つ。最後は小島を持ち上げるとブルドックボムを炸裂させ3カウントを奪った。

コメント
スミスJr.「オイオマエら!“グッド・ニュース”だ!! デイビーボーイ・ボーイスミスJr.が『G1』に帰って来たぞ!! 今日、オレがコジマに勝ったからまだ『G1 CLIMAX』のチャンピオンになれるチャンスはあるってことだ! そして“バッド・ニューズ”だが、Aブロックの残りの全員、オレのスゲェ強い“キラー・ボム”で 1!2!3カウントだ!! このデイビーボーイ・スミスJr.こそが『G1 CLIMAX』のチャンピオンだ!!」
小島「血の繋がりなんか、認めねぇから。あ?お父さんがスゴイからって、子どもがスゲェなんて、これっぽっちも思ってねぇぞオレは。クソッタレが。オイ、デイビーボーイ。オメェのお父さんの事をオレはファンの時しか知らねぇ。凄いレスラーだって事はファンの時よく見てた。でも!別にオマエは凄くなんかないぞ。お父さんが凄いから、凄いんじゃねぇんだろ。テメェ自体がスゲェって事だ!ってことはオレだって、ウチの父ちゃんは普通の父ちゃんけど、まだ『G1』のし上がるチャンスがあるって事だ!普通のお父さんの子どもだって『G1 CLIMAX』チャンピオンになれるぞコノヤロー!!」