ニューストピックス

テンコジが福岡でプロモーション)^o^()^o^(

6月中旬、天山広吉選手(2003、2004、2006年覇者)と小島聡選手(2010年覇者)の『テンコジ』が福岡の地を訪れ、7月29日(水)に迫った『バディファイトPresents G1 CLIMAX 25』福岡国際センター大会のプロモーション活動を敢行した。

2人は、福岡空港に到着したその足で、タワーレコード福岡パルコ店へ移動。ほとんど休憩することもなく、即座にイベント開始時間となったが、お集まり頂いた熱狂的な福岡のファンの大歓声に迎え入れられ、トークイベントはスタート。

天山「『G1』は夏の一大イベントなので、今までの経験を活かし、出るからには優勝を狙って行くので、皆様応援して下さい!」

小島「『G1』が始まった年は、私がデビューした年なんですね。その歴史の重みを感じながら一 戦、一戦闘って行きたいです!」
と、2選手の冒頭の挨拶。

続いては、ファンの皆様から質問コーナーに寄せられた質問に順に答えていく両選手。ここでは一部を紹介致します。

――お互い尊敬している部分と直してほしい部分を教えてください。
天山「コジは常にコンディション作りが上手い、そこが尊敬できます。直してほしい部分は……最近、勝手にモンゴリアンチョップ使うんですよ!(笑)」
小島「天山選手は、いつも優しい。ヤングライオンの面倒見も良く、怒るところはしっかり怒る。 そういう部分を尊敬しています。直してほしい部分は、何もありません! 素晴らしい先輩で、こんな完璧なパートナー居ないです!!」

と、リング上さながらに息の合った所を随所に見せるトークイベントとなった。

翌日は、新聞社での取材がメインとなる。九州スポーツ、西日本スポーツの取材を受けたテンコジの2人。

天山選手は、20回目の出場で、過去最多出場となる点に触れ、「20回目の節目の出場なので、出る以上は優勝目指して頑張ります!」と、 こちらも最多記録となる4度目の『G1』優勝に向け、力強いコメントを残した。

5年前、第20回大会時に優勝を飾っている小島選手は、「今回25回目という事で、節目になりますし、完走する事さえ当たり前じゃないシリーズなので、きっちり完走を目指して、その上で優勝したいですね」と、こちらも力強いコメントを残した。

また翌日は、早朝からKBC(九州朝日放送)が誇る超メジャー級・朝の情報TV番組「アサデス。」の生出演から始まり、ラジオ「9ヂカラ」、TV「サワダデース」と立て続けにKBCの午前中の情報番組をジャック! その後は、スポーツ報知の取材、エフエム福岡「Hyper Night Program GOW!!」に生出演した。ここでは印象的なシーンをピックアップしてご紹介致します。

――福岡で美味しい物は戴きましたか?
天山「豚骨ラーメンが大好きですね。替え玉は1杯じゃ足りないんで、大体3回程度は……」
小島「もつ鍋が大好きですね。いつ来ても、福岡ではもつ鍋を食べに行きたいですね」
――どういう時に必殺技を考えるんですか?
天山「オリジナル物は自分で考えてて……大体は夜遅い時間に、プロレスの事考えてるとパッと 閃く時があるんです」
小島「私は頭が弱いので……若い子になんかいい技ない? と聞いて、さりげなく自分の技のよう に取り入れてます。(笑)」

取材中に常 に「2人で決勝戦を戦うのが理想ですよ!」と口をそろえた2人。
果たして、2006年以来となるテンコジ対決による優勝決定戦は実現するのか!?

過去最多・最長規模となる今年の「G1 CLIMAX 25」にご期待下さい!!

■『G1 CLIMAX 25』
7月29日(水)18:30開始:福岡・福岡国際センター
★チケット情報はコチラ!