ニューストピックス

オフィシャル観戦ツアー3日間!!

10月18日(日)に開催される台湾大会『WRESTLING WORLD 2015』の観戦ツアーの実施が決定!

選手参加の「夕食会」(※詳細は後日発表)も開催いたします!
■ツアー名
新日本プロレスリング台湾・台北大会『WRESTLING WORLD 2015』オフィシャル観戦ツアー3日間
■旅行期間
2015年10月17日(土)~10月19日(月)【3日間】
■ツアー行程
<10月17日(土)>
【午前】日本(各地)発→航空機で台北へ→台北着
【午前/午後】専用車にて会場見学、両替店へご案内後、ホテルへ(※中部・福岡便は午前中に到着予定)→ホテル到着後、自由行動
★選手との食事会を実施★(※詳細は後日発表)
※台北泊
<10月18日(日)>
【午前】自由行動
・オプショナルツアー(別料金、希望者のみ)
(1)じっくり参観・故宮博物院(午前)※1
【午後】専用車にて試合会場(台湾大学総合体育館)へ
★台湾大会『WRESTLING WORLD 2015』観戦★(16:00試合開始予定)
(2)鼎泰豊の小籠包ディナーと夜市散策(夕食付/飲物別)
※台北泊
<10月19日(月)>
【午前】出発まで自由行動
・オプショナルツアー(別料金、希望者のみ)
(3)ノスタルジック・九フン(※フンはにんべんに分)ツアー※1
【午後】専用車にて空港へ→台北発→航空機にて帰国の途へ
【夜】各地空港到着後、解散
※上記日程は予定であり、現地事情及び利用交通事情により変更する場合がございます。
※[※1]お土産店(ショッピング)へ1件立寄りいたします。
■旅行代金(羽田/中部/関西/福岡共通)
87,800円※2名1室利用・お1人様あたり(※1人部屋追加代金:18,000円/2泊)
※日本国内空港施設使用料及び現地空港諸費用(羽田:約10,180円、関西:9,510円、中部:9,080円、福岡:6,640円/2015年9月2日現在)が別途必要となります。ご出発2週間前に確定金額をご案内いたしますので旅行代金とあわせてお支払いください。
【フライトの目安(予定)】
※試合日程、航空会社のスケジュール変更等により、やむを得ず変更となる場合がございますので、ご了承ください(最終確定便につきましては、ご出発の7~10日前にお送りする最終案内(旅のしおり)をご確認ください)。
羽田空港発着=【往路】BR189(10:50-13:30)【復路】BR190(16:00-19:55)/関西空港発着=【往路】CX565(11:00-12:55)【復路】CX564(16:05-20:00)/中部空港発着=【往路】CI151(09:50-11:50)【復路】CI150(17:05-21:00)/福岡空港発着=【往路】CI111(10:10-11:25)【復路】CI110(17:25-20:40)
※羽田線は台北:松山空港、関西・中部・福岡線は台北・桃園空港の利用となります。
●利用航空会社:チャイナエアライン(CI)・エバー航空(BR)・キャセイパシフィック航空(CX)エコノミークラス
●利用ホテル:中源大飯店または六福客棧
●最少催行人員:20名様(羽田)10名様(名古屋・大阪・福岡)
●食事(機内食は除く):朝食2回、夕食1回(飲物代金別)
●添乗員:東京(羽田)コースに1名同行(他コースは現地係員がお世話いたします)
★ツアーのおすすめポイント
・新日本プロレス・台湾大会観戦チケット(指定席)が含まれます!
・選手参加の『夕食会』にご参加いただけます。
■観戦チケットについて
1.大会が主催者側の都合により中止・延期・内容変更があった場合、主催者側がチケットの払い戻しを行う時にチケットの券面価格分を返金いたします。但し、旅行出発後に大会が中止となった場合はチケット代以外の旅行代金の払い戻しはいたしません。
2.航空機の遅延・キャンセル等により、大会の全てまたは一部をご覧頂けなかった場合は、当社はその責を負いません。
3.観戦チケットは、後方指定席となっております。追加代金での座席の変更も承ります。ご希望の方は旅行参加申込時にお申込ください(先着順/売切れの場合もございます)。
※座席種類及び追加代金(弊社手配手数料含む):(1)リングサイド10,000円(2)前方指定席6,000円

★詳細PDFデータはコチラ!

◆お問い合わせ・お申し込み

日通旅行(株)団体営業部営業第一課
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階
TEL:03‐6256‐0171/FAX:03‐6212‐1521
営業時間:9:30~17:00(月~金)※土・日・祝日はお休みさせていただきます。

■お問い合わせ・申し込みメールアドレス
ke-sakuma@nittsu.co.jp

総合旅行業務取扱管理者:村上誠一
担当:関・佐久間・中村