ニューストピックス

次期シリーズ情報!!

次期シリーズ『KIZUNA ROAD 2016』の全カードが決定。最終戦の7月3日(日)岩手・岩手産業文化センターアピオ大会は、ビッグマッチとして “NEVER”2大王座戦が実現する!

■『KIZUNA ROAD 2016』
7月3日(日)16:00~岩手・岩手産業文化センターアピオ
★対戦カードはコチラ!

★一般チケット情報はコチラ!

■メインは、柴田vs本間の“NEVER無差別級選手権”!! CHAOSとL・I・Jが総力イリミネーション戦!
メインイベントにラインナップされたのは、6月19日大阪城ホール大会で永田裕志を破り、NEVER無差別級王者に返り咲いた柴田勝頼と、バックステージで挑戦表明を行った本間朋晃が同王座を賭けて激突!!
東北出身の本間だけに、岩手大会のメインイベント、そしてひさびさのシングル王座戦へのチャンスに燃えまくることは確実。一方の柴田も“第三世代”との連戦を積み重ねてきただけに、初防衛戦で負けることは許されない。
『G1 CLIMAX 26』を前に、最後のシングルタイトル戦となる柴田勝頼vs本間朋晃に注目だ。
セミファイナルでは、6月19日大阪城ホール大会で内藤哲也を下してIWGPヘビー級王者に返り咲いたオカダ・カズチカ。抗争がさらに進化するCHAOSとロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのスペシャルイリミネーション戦が実現!
オカダ&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイvs内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHIの8人が総力戦。後藤とEVIL、YOSHI-HASHIとSANADA、オスプレイとBUSHIの絡みにも注目だ。
■“NEVER6人タッグ王者”ケニー&バックスに小島&リコシェ&サイダルが初挑戦!
第5試合では、6月19日大阪城ホール大会でマイケル・エルガンに敗れ、IWGPインターコンネンタル王座を手放したものの、NEVER無差別級6人タッグ王者としても君臨するケニー・オメガ&ヤングバックスが、小島聡&リコシェ&マット・サイダルの挑戦を受ける同王座戦。
ケニーvsエルガンのラダーマッチにて、ヤングバックスの介入を阻止したリコシェ&サイダルがBULLET CLUBとの抗争に本格参戦! 先シリーズで、棚橋弘至の負傷欠場の代打出場をはたした小島聡とフレッシュトリオを結成して、ケニー&バックスと6人タッグタイトル戦で激突する!
第4試合では、NEVER王座は手放したものの、再びベテランの存在感を発揮している永田裕志&中西学が、真壁刀義&ジュース・ロビンソンとタッグ対決! 中西vsジュースも各地で熱い攻防を繰り広げているだけに、注目試合となりそうだ。
■ヨシタツ&キャプテンと裕二郎&ハングマンがタッグ激突! 桜庭和志も参戦!!
第3試合は、ジワジワとその認知度が上がっている“ハンタークラブ”ヨシタツとハンタークラブ見習い(?)のキャプテン・ニュージャパンがタッグ結成、高橋裕二郎&ハングマン・ページが激突!
裕二郎&ページは6月19日大阪城ホール大会で、ブリスコブラザーズのIWGPタッグ王座に挑戦を表明しているだけに、この試合に勝ったほうがIWGPタッグ挑戦の可能性も!? 「ハンターチャンス!」コールは岩手でも巻き起こるのか?
第2試合では、天山広吉&獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&田口隆祐の“本隊カルテット”が、石井智宏&桜庭和志&ロッキー・ロメロ&バレッタとの“CHAOS軍”と対戦! 桜庭和志がどんなファイトを見せるか、注目だ。
第1試合では、今年の『BEST OF THE SUPER Jr.』で独特の存在感を発揮したチェーズ・オーエンズがデビッド・フィンレーとシングル戦。ジェイ・ホワイトが海外遠征で旅立つだけに、フィンレーの奮起に期待が集まる。
全7試合のラインナップが決まった7月3日(日)岩手大会、『G1』前の最後のビッグマッチをお見逃しなく!!

■『KIZUNA ROAD 2016』
6月24日(金)18:00~愛知・豊橋市総合体育館・第2競技場

★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!


6月25日(土)18:00~三重・四日市市中央緑地第2体育館

★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!

6月27日(月)18:30~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!

6月29日(水)18:30~長野・茅野市民館マルチホール
★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!

7月1日(金) 18:30~ 青森・八戸市東運動公園東体育館

★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!

7月3日(日)16:00~岩手・岩手産業文化センターアピオ
★対戦カードはコチラ!
★一般チケット情報はコチラ!