ニューストピックス

天山選手 G1 初戦突破!!

盟友の小島から『G1』出場権を譲渡された天山が登場。リーグ初戦で石井と激突。

天山のセコンドとして小島が登場する中、石井がモンゴリアンチョップをブロックし、エルボーを見舞う。しかし、天山はすぐにカウンターショルダータックルで報復。
その後、天山がモンゴリアンチョップ、石井がエルボーを交互に打ち合う。ここは天山が連打で競り勝つも、石井はカウンターショルダータックルで逆転。逆水平チョップ連射で天山をダウンさせ、ブレーンバスターで叩きつける。
これで天山の動きが止まると、石井は頭を何度も蹴って挑発。だが、天山はモンゴリアンチョップ&カウンターニールキックで逆襲。さらに、ヘッドバット、モンゴリアンチョップ連射、串刺しラリアット2連発、ブレーンバスターと畳みかける。
だが、石井はパワースラムで挽回し、逆水平チョップで追撃。そして、エルボー&逆水平チョップ連射、串刺しラリアットに繋ぐと、再びエルボー&逆水平チョップ連射から串刺しラリアット。さらに、助走をつけた串刺しラリアットで天山を吹き飛ばす。
次に石井は雪崩式ブレーンバスターの体勢に入るが、天山がモンゴリアンチョップ連射とヘッドバットで抵抗。そこからリバースカーフブランディングで石井を叩きつけ、ダイビングヘッドバット、アナコンダバイスで追い討ち。そして、アナコンダスラムからフォールに行くもカウントは2。
ここで天山はコーナーにのぼるが、石井が立ち上がり、パワーボムホイップで逆襲。これで場内が「天山」コールに包まれ、天山がカウンターヘッドバット、カウンターモンゴリアンチョップで逆襲。
しかし、石井がヘッドバットで巻き返し、助走をつけたラリアット、スライディングラリアット。しかし、天山はフォールを跳ね返し、石井が仕掛けたブレーンバスターから脱出。
そこから石井が左右のエルボー連打を浴びせると、天山がヘッドバットで報復。しかし、石井もヘッドバットを返し、両者のヘッドバットが何度も相打ちになる。続いて石井は延髄斬りをヒットさせるが、天山が倒れず、ヘッドバットで石井をダウンさせる。
ここで天山はTTDを炸裂させてフォールに行くが、石井がキックアウト。すると天山は、小島と同じアクションからラリアットを食らわせ、最後はムーンサルトプレスで勝利を掴んだ。

試合後、「天山」コールが起こり、小島が天山の手をあげた。

コメント

天山「やりました。1勝目、初戦1勝目。コジ!コジ!ありがとう!コジがいたおかげで、ほんまに力強い。まるで、“テンコジ”で試合やってみたいな気持ちもらいました。ありがとう(※小島とガッチリ握手)」
小島「(※目に涙を浮かべ)ありがとうございました」
天山「ありがとう。コジには、感謝しきれないし。この『G1 CLIMAX』の権利も、コジからもらうことになって、これはヘタなことできないって、自分自身思ったし。コジが見てる目の前で、いい試合、いいカッコせなアカンと思ったし。もう気が気じゃなかったですけど、この緊張感の中で、やっぱ『G1』というのを、何十年って闘ってきた中で、やっぱり今までにないね。こういう形で、コジがセコンドについてくれた。ほんまに心強い。石井も、ほんまに『どこにそんな力があるんだ?』っていうぐらい、ガンガンきたしね。『チキショー!やられてたまるか!』っていう時に、コジがリングサイドで『天山!』って、檄を飛ばしてくれた。それだけで、『起きなアカン!』って気持ちになったしね。俺も最後ガッチリね、ラリアットやったけども、コジの真似はできないね。コジの目の前でやらしてもらったけど。また教えてください。ありがとう(※小島とガッチリ握手)」
小島「ありがとうございました」

※石井はノーコメント