ニューストピックス

小島聡が潮崎豪をラリアットで撃破して、GHCヘビー級王座を初戴冠! IWGPヘビー、三冠ヘビーに続き、“グランドスラム”を達成!!【6.12『Cyber Fight Festival 2022』さいたま大会結果】

6月12日、『Cyber Fight Festival 2022』さいたまスーパーアリーナ大会のにて行われたGHCヘビー級選手権で、小島聡が王者の潮崎豪を撃破して、同王座を初戴冠に成功した。

写真提供/プロレスリング・ノア

Cyber Fightグループが集結して行われた大会のメインイベントに堂々出場した小島。王者の潮崎に対して打撃、チョップを織り交ぜながら、序盤はジックリした闘いを挑んでいく。

試合中盤、試合はヒートアップ。小島は潮崎に雪崩式の技を狙っていくが、これは潮崎がヘッドバッド、雪崩式ツイスターで回避。

潮崎はゴーフラッシャーを炸裂させるもカウント2。小島もローリングエルボーや直下式ブレーンバスターで王者を追い詰めていく。潮崎は豪腕ラリアットを爆発させると、ムーンサルトプレスも披露するが、これは小島が回避。

潮崎は、もう一度ラリアットを炸裂させると、ローリングエルボーから三沢光晴さんの必殺技・エメラルドフロウジョンまで繰り出して大攻勢を見せる。

小島は、続いて豪腕ラリアットを狙った潮崎に左のラリアット! さらにカウンターのラリアット炸裂。最後は、対角線を走り込んできた潮崎に、正面からの強烈ラリアットで熱戦に終止符を打った。

小島は「凄い強いチャンピオンに挑戦して、身体がボロボロになっていますが、いまはこの喜びをいろんな人に伝えたい。、本当にありがとうございました。そして、対戦してくれた潮崎、ありがとう!」と感謝のマイク。

ところが、ここに拳王が出現して、「プロレスリング・ノアは新日本プロレスの“天下り先”じゃねーんだよ!」とピシャリ。「過去の栄光のおこぼれ、頂戴してるようじゃ、ノア、サイバーファイトに未来は見えねえよな?」と強烈マイク。

さらに「俺が未来を切り開いてやってやるぞ? 小島、ノアで一番権威のあるそのベルㇳ、俺に、挑戦させろ」と不敵に挑戦表明した。

小島は「もう少し年長者をいたわれよ?」と返答しながらも、「お前のそういうやり方が気に入らねえ。だから、このベルトかけて試合しろよ」と実質上、挑戦を受諾した。

IWGPヘビー級王座、三冠ヘビー級王座に続いてのGHCヘビー級王座戴冠をはたし、国内メジャーマットでの“グランドスラム”を達成した小島。

最後は「こういうことに恵まれて、幸せなプロレス人生だったと思います。引退するようなこと言ってますが、まだまだ行かせてください……ということでこれからも、また行っちゃうぞバカヤロー!」とマイクでシッカリ締めくくった。

★プロレスリング・ノア公式ページはコチラ