ニューストピックス

11月9日 大阪大会情報!!

昨日発表致しました11月9日(土)「POWER STRUGGLE」大阪・BODYMAKERコロシアム大会にて行われるIWGP&NWAタッグダブル選手権(変則3WAYマッチ)についての経緯とルールを改めてお知らせ致します。

 
10月19日NWAサンアントニオ大会
 
・ランス・エリクソン&ダミアン・ウェイン(K.A.O.S)
・レイ・ロウ&ルー・マーコニィ
・ジェームス・クラクストン&アレックス・レイン(ザ・サンズ・オブ・テキサス)
 
NWA世界タッグ選手権試合4WAYイリミネーションを制し防衛した現NWA世界タッグ王者ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.(K・E・S)がIWGPタッグ王者の天山広吉を挑発。
 
ランス・アーチャー「オレたちはK・E・S。我々は現NWA世界タッグ王者であり元IWGPタッグ王者だ。今日はこの会場にニュージャパンからIWGPタッグチャンピオンが来てるぞ! テンザーン!!どこだテンザーン!!」
 
 
—天山登場—
 
 
ランス・アーチャー「おいっ、テンザン!リングに上がってこい。俺が今すぐにでもお前らのベルトとってやりたいとこだが、お前のパートナーは何やってんだ、どこにいるんだ、今いないんだよな。ならばいつやる?いますぐ返事しろ!」
 
天山「やかましいわ、だまれ!いつでもやってやるわ。ふざけんなランス。いいかよく聞け俺たちテンコジは逃げも隠れもせんわボケ、いつでもやったるわ、テンコジでいつでもやったるわ」
 
 
—ここにNWA世界ヘビー級王者ロブ・コンウェイとジャックス・ダンが登場—
 
 
ロブ・コンウェイ「私はNWA世界ヘビー級王者のロブ・コンウェイだ。我々はNWAタッグとIWGPタッグを両方ほしい。まずは俺たちがNWAのタッグをこの本拠地のテキサスに取り戻す。おいテンザン!ついでにIWGPのタッグベルトも頂いておこう。お前らなんかまとめて一発だ。両方のベルトをもらうとしようか」
 
ランス・アーチャー「おい、コンウェイ&ジャックス!お前ら、このNWA世界タッグが本当にほしいなら、日本に来い。11月9日オーサカでどうだ? そうすればNWAとIWGPの両方のベルトがあるぜ? どうする? 来るか? オーサカでやるか? 今すぐ決めろ! もう一度言う。オーサカには両方のベルトがあるぜ。さぁどうする?」
 
ロブ・コンウェイ「おいランス! 望むところだ! 11月9日オーサカに”わざわざ”行ってやろう。そこでまとめてK・E・Sとテンコジを叩き潰し、NWA世界タッグとIWGPタッグをまとめていただこう。我々がこのテキサスの地にNWA世界タッグとIWGPタッグを持ち帰る絶好のチャンスだ! 決定だ! 11月9日オーサカで待ってろ!」
 
これを受けて、11月9日(土)大阪大会にてIWGP&NWAタッグダブル選手権試合(変則3WAYマッチ)が決定となりました。
 
IWGPタッグ&NWA世界タッグダブル選手権 
変則3WAYマッチ
 
(第62代IWGPタッグ王者/テンコジ)               
 天山広吉&小島聡      
VS
(NWA世界タッグ王者/K・E・S)
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
VS                                  
(挑戦者組/NWA)
ロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン
 
【ルール】
3チーム同時に通常のタッグマッチを60分2本勝負で行う。
1本目の勝利者チームをNWA世界タッグ王者に認定。
その後も3WAYマッチを続行し、2本目の勝利者チームをIWGPタッグ王者に認定する。
タイトルを保持しているチームが勝利した場合は王座防衛となる。